福岡市の弁護士事務所 徳永高 法律事務所

弁護士費用

  • HOME »
  • 弁護士費用

第1 相手方に負担させられるか。

 1 原則的には負担させられない。各々が自分の費用を負担する。

 2 但し、交通事故などの不法行為にあっては、損害として(支払い額とは

  別)概ね請求額の10%程度を加算する。

第2 どの程度掛かるか(実費を除く)の概略(具体的にはケースバイケース)

  は以下のとおりである(+消費税)。

 1 法律相談料(刑事民事を問わず。)

  30分間-5000円、60分間-10,000円

 2 着手金

  一般民事事件(貸金等)

  ① 余程多額でない限り、概ね10~15%を想定する。

  ② 多額であれば、10%未満と考えてよい。

  ③ 不動産関係事件は、30~50万円

  ③ 交渉事件は10~20万円(訴訟の場合は差額が必要)

  ④ 差し押さえ事件は、5~20万円【対象物により】

  ⑤ 保全(仮差押え等)は、10~20万円

  家事事件(離婚等)

  ① 離婚調停で30万円・離婚訴訟で調停差額20万円(計50万円)

  ② 遺産分割調停では遺産額の3~5%を想定する。

  債務整理(任意整理・破産等)

  ① 任意整理-1社あたり2~3万円

  ② 破産事件-個人30万円、法人(会社)50万円

  ③ 民事再生-個人50万円、法人(会社)100~300万円

  特殊民事事件

  ① 建築紛争-鑑定等弁護士費用以外の出費が大きいので注意。

  ② 医療過誤-証拠保全・鑑定等で同上。

  刑事事件

  ① 自白事件=起訴前-20万円、起訴後-20万円

  ② 否認(無罪を争う)事件-50~80万円(起訴後も含む)

 3 (成功)報酬金

  一般民事事件

  ① 1年~1年半で決着-勝訴額の10%程度

  ② 1年半以上-10~15%

  ③ 差し押さえ事件では回収額の5%

  家事事件

  ① 離婚-概ね10%程度

  ② 遺産-概ね5%程度

  債務整理事件

  ① 任意整理-過払いの際は取戻し額の15%(訴訟に至れば20%)

  ② 破産事件-原則不要

  ③ 民事再生-法人に限り50~150万円

  刑事事件

  ① 無罪判決-50万円

  ② 執行猶予-30万円

  ③ 減刑-5~15万円

 4 手数料(報酬を想定しないもの)

  ① 内容証明郵便発送(のみ)-3~5万円【示談交渉の場合は不要】

  ② 遺言書作成-10~20万円

  ③ 契約書作成-10~50万円(複雑さによる。)

  ④ 法律関係の調査-10~20万円

  ⑤ 刑事事件面会-1回毎に2万円

  ⑥ 刑事告訴-15~30万円

 5 継続複数事件による減額

  判決→差し押さえ事件など継続案件では相応の減額をする。

 6 顧問契約(簡単な法律相談及び文書発送は範囲内)

  -概ね、月額2万円からスタート、頻繁になれば増額もあり。

 7 遠隔地事件(日当)

  ① 拘束時間半日(4時間程度)-1~2万円

  ② 拘束事件1日(8時間程度)-3万円以上

お気軽にお問い合わせください TEL 092-791-4309 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2017 徳永高法律事務所 All Rights Reserved.